978-4-87361-779-4 <分 類> 人文社会―心理・行動科学 
line

老年期の心理学

line
著 者: 福屋武人 編著
福屋武人・亀谷秀樹・山村豊・佐藤記道・高野隆一・福田真一・流王治郎・斉藤和良・佐藤将朗・小俣節夫・木村久美子・小林俊雄・京野誠子・成田猛・松本好生・西山健
定 価:2160円/本体2000円
判 型:A5
ページ:200
ISBN:978-4-87361-779-4

書店様へご注文をされる方はこちら >> 注文数
注文かごの中を見る
直接小社へご注文いただく方はこちら >> 注文数
注文かごの中を見る
教科書選定見本ご希望の先生はこちら >> 請求数
見本請求かごを見る

【目 次】
序 章 発達過程としての老年期
第1章 老化とはなにか
第2章 高齢者は外界をどのように認知するか―健常高齢者の認知機能―
第3章 高齢者は記憶力が減退し,想像力も衰えるか
第4章 高齢者の知能は衰えるか
第5章 高齢者の感情は不安定か
第6章 加齢によってパーソナリティは変容するか
第7章 老年期のより良い人間関係とは
第8章 老年期の積極的な社会活動について
第9章 高齢者へどのような援助が必要か
第10章 老年期に多い精神障害について
第11章 老年期の精神障害への対応
第12章 高齢者と死

↑このページのTOP
|HOME|分類で探す|書名・著者・ISBNコードで探す|新刊・近刊で探す|
 
(株)学術図書出版社
〒113-0033 東京都文京区本郷5-4-6
Tel:03-3811-0889(代) Fax:03-3811-2464