学術図書出版社

データサイエンス大系 監修/竹村 彰通

 大量かつ多様なデータが溢れるビッグデータの時代となり,データを処理し分析するためのデータサイエンスの重要性が注目されている.文部科学省も2016 年に「数理及びデータサイエンス教育の強化に関する懇談会」を設置し,私自身もメンバーとして懇談会に加わって大学における数理及びデータサイエンス教育について議論した.懇談会の議論の結果は2016 年12 月の報告書「大学の数理・データサイエンス教育強化方策について」にまとめられたが,その報告書ではデータサイエンスの重要性について以下のように述べている.

 今後,世界ではますますデータを利活用した新産業創出や企業の経営力・競争力強化がなされることが予想され,データの有する価値を見極めて効果的に活用することが企業の可能性を広げる一方で,重要なデータを見逃した結果として企業存続に関わる問題となる可能性もある.
 例えば,データから新たな顧客ニーズを読み取って商品を開発することや,データを踏まえて効率的な資源配分や経営判断をするなど,データと現実のビジネスをつなげられる人材をマスとして育成し,社会に輩出することが,我が国の国際競争力の強化・活性化という観点からも重要である.

そして大学教育において,以下のような数理・データサイエンス教育方針をあげている.
 ・ 文系理系を問わず,全学的な数理・データサイエンス教育を実施
 ・ 医療,金融,法律などの様々な学問分野へ応用展開し,社会的課題解決や新たな価値創出を実現
 ・ 実践的な教育内容・方法の採用
 ・ 企業から提供された実データなどのケース教材の活用
 ・ グループワークを取り入れたPBL や実務家による講義などの実践的な教育方法の採用
 ・ 標準カリキュラム・教材の作成を実施し,全国の大学へ展開・普及
ここであげられたような方針を実現するためには,文系理系を問わずすべての大学生がデータサイエンスのリテラシーを向上し,データサイエンスの手法をさまざまな分野で活用できるために役立つ教科書が求められている.
 「データサイエンス大系」シリーズは,まさにそのような需要にこたえるための教科書シリーズとして企画されたものである.
 本シリーズが全国の大学生に読まれることを期待する.

竹村 彰通(滋賀大学データサイエンス学部長)


主な続刊テーマ
◇ 統計数学
◇ 回帰分析
◇ 多変量解析
◇ 価値創造実践論
◇ 情報セキュリティと情報ネットワーク
◇ データ可視化プログラミング
◇ ベイズ理論
◇ ニューラルネットワークとディープラーニング